1. HOME
  2. 管理人の日記
  3. 何が正義か、善か。倫理的ジレンマ。サンデル先生のトロッコ問題を考えみた
管理人の日記

何が正義か、善か。倫理的ジレンマ。サンデル先生のトロッコ問題を考えみた

 ふと、サンデル先生の話題が飛び込んできたので、考えてみました。今回は哲学的?政治的?かな。

 そこまで深くはツッコまないので、気楽に考えてください!!

 サンデル先生は、マイケル・サンデルさんという名前です。


あなたならどうする?

 まず、皆さんに質問があります。前提条件も踏まえて考えてね☆

設問:「暴走する路面電車の前方に5名の作業員がいます。このままいくと5名がひき殺されてしまいます。あなたがレバーを引いて電車の進路を変えれば、5名助けられます。しかし、もう一方の線路のその先には、1名の作業員がいます。1名を犠牲にして5名を助けるか。それとも、そのまま5名がひき殺されるのを待つか。どちらにしますか?」


色んな見方

 この場合には、2パターンの選択があってそれぞれ考え方が違うでしょう。ここでは、それぞれの意見を尊重して考えてみることにします。

1名を犠牲にして5名を助けるパターン

 ちなみに、私は直観的にこっちを選びました。だって、人数が多く助かるほうが良くない?って思いました。あとは、助けられる命を助けないということはだめなのかな?と。

 もちろん、1名は犠牲になってしまうけど、しょうがない犠牲なのかなと。その1名の遺族にはきっと恨まれることにはなりますが、他の5名からは感謝されるでしょう。

 一見正解に見えてしまうけど果たしてそれでいいの?

そのまま5名ひき殺されるのを待ち、1名だけ助かるパターン

 こちらの意見では、命の重さは平等で、選ぶこと自体いけないという道徳的な考えから選ぶ人がいました。自分の手で、本来は命には優劣がないのに選ぶことは確かに気が引けますね。もし、そのまま5名をひき殺してしまったら、英雄にはなれませんが、恨まれることもないかもしれません。「怖くて何もできなかった」と言えば、それまでで済むかもしれないです。

 でも、だからといって5名が犠牲になってもいいの?

ここで感じたこと

 どっちが正解とか、模範解答はありません。どちらも考え方としては分からなくもないですし、皆さんも理解できますよね。タイトルにもつけた通り、何が正義(justice)なのか、何が善(good)なのか、悩みます。どっちを選んでも心は痛むし、非難をされてもおかしくない。


条件を変えてもう少し考えてみました

 では、条件を変えます。みなさんも考えてみてくださいね☆

 設問:「暴走する列車の途中に橋がかかっています。そこに身を乗り出している太った人がいます。あなたがその太った人を橋から突き落としたら、暴走する列車が引っ掛かって、その先にいる5名の作業員は助かります。しかし、突き落としてしまった太った人は死んでしまします。5名助けるために1名突き落とすか、そのまま5名がひき殺されるか、どちらにしますか?」

どちらを選びましたか

 この設問になると、ほとんどの人が、突き落とさないという選択をします。なぜですかね。不思議です。こういっている私も、直観的に落とさないを選びました。先程と犠牲になる人数は同じですし、結果は同じですよ?

 意見としては、「突き落としたら殺人行為じゃないか」「自分で手を下すかんじがして嫌だ」とかがありますね。しかし、果たしてそうなのでしょうか。もしかしたら、何もしないという決断をすること自体も自身の意思で動いている以上変わらないのではないでしょうか。


私が伝えたいこと・まとめ

 もし、このトロッコ問題の第三の選択肢をつくるとしたら、その場から離れるということでしょう。つまり、無関係になるということです。議論に加わらない無関係者になれば責任も追及されませんし、非難もされないでしょう。

 議論になることを恐れて何もしないことが良いことなのか。不快や不安から目をそらすことが良いことなのか。私には正解はわかりません。だけど、そうしていくとなんかダメになりそうな気がしてならないんです。

 「人を助けないで、立ち去れ」ということが善になってしまうといけない気がします。「正しいことをするより、リスクを回避する」そうして何もやらない人にはなりたくないです。

 こうして市議会の出来事を発信することで良くも悪くも議論になって、考えてくれる人が増えたら私は嬉しいです。

 

 

 


アーカイブ

月を選択