1. HOME
  2. 本会議
  3. 【結婚式ならさいたま市で】本会議 一般質問 令和元年9月10日 伊藤仕 議員
本会議

【結婚式ならさいたま市で】本会議 一般質問 令和元年9月10日 伊藤仕 議員

ここでのポイント

・さいたま市では民営の結婚式場は14か所と政令市20市のなかでは10番目となっている。

・また、結婚式や披露宴の年間取り扱い件数は、3,713件と4番目となっている。

・しかし現状では、さいたま市が他市と比べて結婚式が強みであるということは言えないため、動向に注目して研究を重ねる。

 

さいたま市議会議員 伊藤仕
さいたま市議会議員 伊藤仕

 さいたま市の立地的強みを生かしてということで、最近どうもこのさいたま市内というのは結婚式場がすごくふえているような気がしてなりません。どうせ集まるんだったら東日本の結節点の中心である大宮で、さいたま市で、新都心もふえていますから、結婚式を挙げていただく、こんなキャンペーンを張っていくことはいかがなのかなと。結婚式ならさいたま市でと、前回からの一般質問、前任期からですが、改めてどのような御見解があるのか、お聞かせいただければと思います。

 前回の御質問の際には、結婚式場の活用については、本市の実態を踏まえ慎重に検討を行う必要があり、他都市との比較も含めた本市の実態について研究、検討いたしますとの答弁をいたしました。

 本市における民営の結婚式場業の事業所数は14カ所であり、政令指定都市で最も多い名古屋市では50カ所、本市は政令指定都市20市中10位となっています。また、結婚式、披露宴の年間取り扱い件数につきましては3,713件で、件数が公表されている政令指定都市では4番目に多く、1位、大阪市、2位、名古屋市、3位、横浜市に続いています。

 経年比較が可能な調査として、同じ経済センサスの基礎調査によると、過去10年間でさいたま市内の事業所数の顕著な増加というものは認められませんでした。このような状況から、本市の結婚式場の実態については、現在のところ、際立った優位性が他都市と比べ認められるというところまでにはいっていないということが言えるかと思います。

 本市の強みとして、結婚式ならさいたま市を掲げることについては、残念ながら現状では難しいものと考えています。今後とも本市の強みや優位性、さまざまな地域資源を活用して、多くの人にさいたま市を訪れていただけるように、引き続き市内の結婚式場の動向などにも着目し、その可能性についても研究してまいります。

都市戦略本部長
都市戦略本部長
さいたま市議会議員 伊藤仕
さいたま市議会議員 伊藤仕

 でも、さいたま市は3,713件あって、大阪市、名古屋市、横浜市、旧五大市に並んできているではないですか。これはチャンスでしょう。私も当然シティーセールスをしっかりやっているんですかと言っている一人として、ここは絶対強みとして、今後、研究を引き続きしていただければと思います。

以下、議事録より抜粋して引用


アーカイブ

月を選択