1. HOME
  2. 議会運営委員会
  3. 議会運営委員会【議員の期末手当増額】請願 令和元年6月26日 
議会運営委員会

議会運営委員会【議員の期末手当増額】請願 令和元年6月26日 

要旨

・さいたま市議会議員の期末手当が増額が図られようとしている。

・具体的な金額については審議中となっている。

・「増額をしないでほしい」という請願は、賛成少数で不採択になった。

討論した議員の発言

 

さいたま市議会議員 三神尊志
さいたま市議会議員 三神尊志

本請願は、市議会議員の期末手当の引き上げを行わないよう求めるものでありますが、市議会議員の期末手当については、第三者機関たる特別職報酬等審議会にて、その妥当性が審議され、答申を受け、その上で議会で議論を行うものであります。
今年度の期末手当の額等について、全く白紙の現状で、この額について言及する本請願については、そもそも現状で議論を行うべきではないと考え、不採択を主張するものです。

さいたま市議会議員 松村敏夫
さいたま市議会議員 松村敏夫

日本共産党さいたま市議団の松村敏夫です。

当市議団では、これまで議員の期末手当の引き上げに一貫して反対してきました。今後どうなるかという点では、今年については定かではありませんけれども、いずれにいたしましても、当市議団の基本姿勢は変わらないことから賛成といたします.

 

請 願 番 号 16
受理年月日 令和元年5月7日
件 名 今年度は議員の期末手当を引き上げないでください
請願の趣旨 さいたま市議会の議員は、今年度の期末手当の引き上げを行わないことを求めます。
請願の理由 さいたま市議会では、年額 1354 万 5494 円の議員報酬(本年4月1目現在)が支給されています。昨年 12 月定例会では、市長から期末手当増額の議案が提出され、継続審査になりましたが、今年2月定例会では全会一致で否決されました。
「議員が身を削る」とまではいかなくとも、これ以上の議員報酬の増額を、さいたま市議会全体の意思として否定したことは、市民としてとりあえず安堵しています。
しかし、市議会議員選挙が済んだ後に、議員報酬の増額を図るようでは、市民に対する裏切りであり、さいたま市議会は市民の目を欺く「ペテン師集団」になりかねません。
したがって、今年度は絶対に議員の期末手当引き上げを行わないことを求めます。
以上、日本国憲法第 16 条及び地方自治法第 124 条の規定によって請願いたします。

 


アーカイブ

月を選択