1. HOME
  2. 本会議
  3. 【民生委員の選出方法について】本会議 一般質問 令和元年6月11日 武田和浩 議員 
本会議

【民生委員の選出方法について】本会議 一般質問 令和元年6月11日 武田和浩 議員 

ここでのポイント

・さいたま市では、民生委員の選出方法について、なり手がいないという問題がある。

・今まで、民生委員推薦の基準緩和をおこなったり、市報などで周知活動をおこなったりした。

・今年度より、民生委員活動の一部を補佐する民生委員協力員制度を創設した。

合わせてよく読まれている記事


議員の発言

さいたま市議会議員 武田和浩
さいたま市議会議員 武田和浩

 (1)民生委員の選出方法について、基本的に本市では、自治会長が推薦し、第三者委員会とかを開いて、それでさいたま市に推薦してというところなんですけれども、ここに一つ大きな問題があるんです。なり手がいないんです。民生委員のなり手が、今本当にいないんです。これは本市だけの問題でなくて、全国規模の問題、課題であると思うんですけれども、そこで自治会長は、この時期、物すごく苦労するんです。

 武田和浩議員の御質問についてお答えいたします。 民生委員の推薦に当たっては、自治会や地区民生委員児童委員協議会を初めとした地域の皆様が候補者の選出について大変苦慮されていることを認識しています。

 今年度から民生委員の負担軽減及びなり手不足の解消を図るため、民生委員活動の一部を補佐する民生委員協力員制度を創設した。民生委員のなり手不足の解消を図る必要があることから、さまざまな手法を調査研究してまいりたいと考えています。

保健福祉局長 清水恒男
保健福祉局長 清水恒男

 

以下、議事録より抜粋して引用


アーカイブ

月を選択